こんな世の中だけど、美しいものを見よう!

電車通勤していると、よく見かける光景が、毎日の満員電車の通勤に疲れきっているサラリーマン達だ。
ホームを歩くとき、下を向きながら、猫背で歩いていく姿。しかもスマホ見ながら。先日そのスマホを覗いたらSE転職なるWEBを見ていた。今いる職場を辞めたいんでしょうね。それも大多数の人間がそういう姿勢で歩いている。みんな、やるせない表情をしている。明日の希望も見いだせない、ただ今目の前にあることをやりこなすだけで、文句を言ったとしても、何も変わらない状況に、やる気を失いかけている。
みんな目が伏し目がちで死んだような目をしいている。生きる気を失いかけているように、私には見える。だから現在は、うつになる人が多いのだろうか。こんな人たちを見ていたら、誰だって嫌になる。

街には魅力ある人が少なくなった。活気ある人がいない。だから、みんな元気がなくなっていくのだ。
街の雰囲気、歩いている人が変わると、みんな刺激され、みんなもそれに合わせるようになる。
だから元気がなくても、堂々と胸を張って、自信を持って歩いてほしい。姿勢を正すことで、前向きな気持ちになれるし、そうすることで、周りも感化され、そういう人たちが増えていく。周りの人も元気になれる。

良いものを見れば、人は変わる。
良いものは、目から入る。良い空気は目から入ってくる。
だから、人は良いもの・美しいものを見なくてはいけない。
美しいものを見れば、元気が湧いてくるし、必然と良いものに刺激を受けるようになる。
街の人々を、もっと魅力のある・活気のある雰囲気にさせたい、それが私の望みです。

出かけることが少なくても、家の中でも十分に楽しめています。

どこかに出かけたいなと思うのですが、出不精なのであまり出かけたりしません。
旅行に行ったりしている話を聞くと、羨ましいなとか私も行こうとか思うのですが、自分で計画をしたりすることはあまりありません。

出かけたい気持ちはあるのですが、友人や恋人に誘われたりしないと遠出をすることはありません。
買い物も日用品は買いに出かけますが、最近は欲しい物はネットショップで買うことが多くなりました。
ネットで簡単に色々と出来てしまうので、その楽さを知ってしまうと出かける機会が余計に減ってしまいました。

今は完全にインドア派になってしまっていますが、そのうちまたアウトドアを楽しいと思うようになるかもしれません。
今好きなことをやっていければそれでいいかなと思うようになりました。

家の中でも割りと楽しめています。
音楽を聞くことが好きですし、海外ドラマもたくさん見ています。
ネットで欲しい物を探しては買い物をしていますし、むやみに出かけたりしないのでお金が貯まりやすくなって欲しい物はたくさん買えています。

好きなことをして楽しめているので生活は充実しています。
出かける機会があれば思いっきり楽しみたいですし、インドアでも悪く無いと思います。

やっぱり美容院は苦手です

いい加減プリン頭を解消しなければと思い、意を決して美容院へ行ってきました。
美容院苦手です。おしゃれな雰囲気に圧倒されてなんだか疲れちゃいます。
さて、今回はネットで優しそうな美容師さん(可愛いお姉さん)を指名して初めてのお店に行ってきました。
初っ端から心が折れましたよ。私の所に持ってきた雑誌が、実年齢よりプラス10ぐらいの人が読むような雑誌でした。ああショック帰りたし帰りたし!でもカラーをしなくては本日の任務は完了しません。我慢して頑張りました。
途中でしてもらうシャンプーがすごく気持ち良かったので「来てよかった。」と思い、いい気分で椅子から起き上がると、なんと不自然な場所に人が座っているではありませんか!
丁度、シャンプーブースの正面に椅子とテーブルがあって、そこで待たされているお客様がいたんです。
目が合って気まずいんですけど。向こうも変な場所で待たされて、手持ちぶたさなオーラがバンバン出てました。ご愁傷さまです。
さて、肝心の仕上がりですが希望通りになったので満足です。これなら次回からも通ってみようかなあと思ったのですが、担当のお姉さんが一言、「私、再来月から産休に入るんですよー。」
アハハ。めでたいけどさぁ。まーた新しい美容師さんを探さなくちゃいけないじゃん。と複雑な気持ちになりました。次はどこ行こうかな。また4カ月後に考えます。

日本の夏は大変なんです

日本の夏は湿気が多くて、本当に体力を消耗します。わたしが生まれるはるか以前から、日本の国の夏は大変暑かったのでしょう・・・。最近は猛暑だと言われることが増えましたが、猛暑は今に始まったことではなく、昔からあったに違いありません。

都会では、コンクリートジャングルで日差しが吸収されずにあちこちに跳ね返るので、熱がこもって夜も暑くてたまらないそうです。大都会ではどこもそんな感じなのでしょう・・・。コンクリートで地面が舗装されている面積が大きい分、熱が逃げる場所がなくていつまでも町は暑いままです。

こうなると夜快適に眠ることができなくなります。田舎町のように、「夜はいい風が吹いて涼しくなる」なんてことがないのだから、夜は冷房に頼るしかありません。冷房に頼らないと寝たくても寝られない状態だと思います。それが都会の大変なところだと思います。

そして困ったことに、湿気が多くていつもジメジメして肌が気持ち悪い状態なのです。汗が蒸発しないまま肌に残っているのだから、気持ち悪くなっても仕方がありません。湿気が多くて気温が高くて・・・その3か月間ほどをどうやって乗り越えるのかが課題なのです。あとどれくらいがまんすればいいのでしょう・・・。

スタッフ側から見たコミケ

先日通称夏コミとも言われるコミックマーケットというイベントがやっていました。

僕は参加者ではなく会場のビッグサイトのテナントのスタッフなのですが、かなりの数のお客さんが来ると前々から言われていたのと、ツイッターを見ていてもコミケでお店がカオスになるから店長陣揃えて営業する方がいいと書かれていてどれくらい来るのだろうという気持ちとなめんじゃねえよという気持ちとが混ざり合って、この日を想定してたわけじゃないけどそれなりの期待感を持って営業を迎えました。

コミケに行く人は徹夜組と始発組が朝からいっぱいいるらしく、りんかい線もゆりかもめも平日の満員電車並みの臨時ダイヤでやってて、コミケの初日は遅延になってたほど。僕達スタッフは普段の出勤時間で行くと会場に入れないだろうと懸念して、となりのヴィーナスフォートに集合してタクシー使ってお店に行きました。後日談ですが、ビッグサイトの臨時スタッフ証を提示すればスムーズに入れたらしい。。

営業は、僕が6年くらい働いた中で圧倒的に忙しい営業でした。新店なので入ってまだ半年経ってないメンバーがほとんどな中、笑顔がすごいよかった、精鋭ばかり集めてたとツイッターで書き込みされててみんなよく頑張ったなと思いました。

お客さんはみんな個性的なコスプレをして来店されました。裸エプロンの男性、少年漫画のキャラクターになりきった女性、みてて楽しかったです。可愛い女の子がかわいい格好してたり、おっぱい強調させたちょっとエッチな格好してるのを見たときは、働きながらもドキドキしました。

忘れられない言葉

皆さんは忘れられない言葉はありますか。先生、親、友達など昔何気なく聞いた言葉でもそれが痛烈に残っていたとしたら頭に刻まれていることでしょう。私は、祖父母から「子供叱るな来た道じゃ年寄笑うな行く道じゃ」という言葉が15年以上忘れられません。誰でも昔は子供であったはずですし、誰でも年を重ねれば老人になります。それをこのフレーズは暖かくもあり、また的を射た言い方をしていると感じます。それは子供がいても注意をせずに甘やかせとか、非道徳的な老人を笑ってはいけないのかといったような愚問ではなく、もっと深い意味があると感じます。自分はそんなに多くの人間と交流してきたわけではありませんが、その中でも痛烈に残っている言葉です。子供や老人は社会的目線から見れば低い地位にある人たちでありますが、その人たちを守るような言葉にも聞こえます。私たちのような成人を迎えた男女に対して戒めの言葉、同時に虐待や簡単に人を殺せる時代になってしまっているがこそ、重みがある言葉にも聞こえます。自分自身が通ってきた場所とこれから通る場所に対して足元をもう一度見させられるようなそんな感覚に陥ります。皆さんも大切な言葉は頭に残っているのではないでしょうか。

思い立ったことはやったほうが良い。

最近私が実践していることは、思い立ったことは行動に移すということです。そして、これはみなさんもやっていることだと思います。しかし、やりたいことが見つかったとしても、お金や時間を見てやらずに終わることは多いです。

しかし、自分がやりたいことをやらずに、我慢してしまうのは結構ストレスなんです。事実、人間も動物なので、そんなストレスを抱えすぎてしまうと、元気を失ってしまうことも考えられます。そんなわけで、私は人生を明るくするために、やりたいことは実践に移そうと考えるようになりました。女性に関しても、ふらちなんですが、やりたいときにやってしまいます。ごめんなさい。そのために、バイアグラとバリテインの違いなる記事を先ほどまで読んでました。要は医薬品かサプリかという大きなくくりでの違いがあるようですね。

そして、先日もやりたいこと、それを行いました。それは、朝起きた時に関西に観光をやりたい!と思ったからです。そう思ったのは、おそらく前の日にテレビで、関西の特集があったからです。そして、私は支度を済ませ駅までダッシュをし、結局新大阪まで新幹線で行きました。そして、大阪では難波の街中を歩いたり、串カツを食べたりと楽しい思いをしました。

結果的に、お金は結構使ってしまったのですが、それに対する後悔も一切ありません。やっぱり、直感的にやりたいと感じたことは、行動に移すべきです。このような考え方をしていけば、毎日のストレスはだんだんと減らすことができるのではないでしょうか。

スピリチュアルな世界

最近、とてもスピリチュアルな世界の話を聞いたり、ちょっとその世界に触れたりすることが増えているような感じです。。
もともと、そういうことは鈍感なほうですが、なぜか周りににはそういったことを体験する人が増えているのです。
勿論、こういったことを売りにビジネスの話を持ってくる場合は、もうシャットアウトしますが、今のところ害意はなく興味深い話として聞いてます。また居酒屋で話す雑談だったりしていたので、気にもとめていなかったのですが、自分の家族にも不思議なことがあったりしているで、ちょっと興味が湧いてきています。
どうも不思議なことを体験した家族は、外に営業に出ているので、様々な人と出会います。ですので中にはスピリチュアルなことを話す人もいるようです。元々その家族は何かを感じるようでしたので、影響されるようなことがあったようです。
そのため、自分と何か波長があわない様な人と会った時、体調を崩したりするようになったようです。
どうやら、そういうことを感じる人は、他人の悪い気をもらうようです。
スピリチュアルな話を聞くと自分にもそういう不思議な力があればいいなと思うこともありますが、周りの話を聞くと、どうもいい事は少なく、結構リスクが高いように思えます。世の中知らなくてよいこともあるようです。

ホットヨーグルトダイエット

1年ぐらい、カスピ海ヨーグルトを作って食べています。種菌をスーパーで見つけました。カスピ海ヨーグルトは作り方も簡単です。1リットル牛乳を買ってきてそれを100ミリぐらい取って飲んで、残りの牛乳に種ヨーグルトを入れて発酵させるだけです。種ヨーグルトと牛乳の割合は1対10。種ヨーグルトの割合が3割以上になるとうまく固まらないそうです。ふたをして、室温(27℃)で6時間から24時間置いておけば完成です。できたヨーグルトから種ヨーグルトを取るときはなるべく真ん中の方からとり、スプーンは熱湯消毒したものを使った方が、雑菌が入りにくいです。カスピ海ヨーグルトは普通の市販のヨーグルトに比べ、酸味が少なくて食べやすいです。ジャムとかはちみつを足して食べていますが、甘味を足すとより美味しく食べれます。私は冬はホットヨーグルトにして食べます。ホットにすると体が温まるだけでなく、腸が冷えないので乳酸菌の活動が妨げられません。温めることでカルシウムの吸収が促されます。カルシウムは体内に脂肪を蓄えるのを抑える効果があるので、ダイエットにも有効です。40℃がもっとも乳酸菌が増えて、60℃では完全に死滅するようです。私は電子レンジを40℃に設定して、ヨーグルトに大さじ1の水を入れてチンして、最後に甘味を入れて食べています。ホットヨーグルトダイエットは気軽に行えるのでおすすめですよ。

とどのつまり。

結局、こうなる。夕食何にしようか迷う。冷蔵庫を開ける。これと言って、食材はない。
娘いわく「うちの冷蔵庫は、慢性的枯渇状態」悪かったね。この時期観光客で、道は混雑状態。
行きたくないな。あるもので何とかしよう。そのあるものが、無いじゃん!と突っ込まれそうなのだが。
私は口をとがらせて、反撃する。「あるしょ、ほれ!マヨネーズだって、味噌だって、漬けものだって」
何の回答にもなってない。かと言って、コンビ二の総菜は、あっと言う間に数千円飛んでゆく。
大人3人の休日の夕食は、こうなるから困る。私一人だったらお茶漬けで充分(夜は、カロリーがねえ)
そうなると、そう!とどのつまり、この食材で、半強制的に献立は決まるのである。
イモ、ニンジン、玉ねぎ、カレールウ、豚肉。カレーである。豚汁という発想はないのである、なぜ?
おかずをもう一品、作らなければならないから。
あとは、ご飯さえあればいいのである。トッピングのらっきょうも、ふくしんずけも、なし。
この際こまかく考えない。食べれればいいのだ。
しかし、私的には、カレーは作りたくない。食器を洗う時大変だから。アンド、いやがおうでも、
朝食もカレーと相成るのである、カロリーがあああ、、夫と娘はいいよね、スレンダーで。
そんなわがままいってられない。背に腹はかえられないのである。
先週も、こんな感じでカレーだったような気がする。(本当に我が家の冷蔵庫は、欠食状態)
別に、カレーが嫌いなのではない。「ああ、今日は、カレーが食べたいね」「そうだねえ」
と言った、素直な気持ちで作るわけでないから、悲しいのである。
と、言いながらぺロッと食べる自分が怖い。